E-o-e.jp

E-o-e.jp はアドレスを変更して eagle1.jpになりました。

東南アジアでのビジネス動向

ここでは、東南アジアでビジネス界がどう変わりつつあるのかを説明します。
東南アジアは世界最大の人口密集地であり、現在もその成長は続いています。

進むデジタル化

東南アジアではデジタル化の促進が顕著です。東南アジアでは、インターネットが近年急速に普及しており、今後も、さらに加速するものと考えられています。これまでインターネットへのアクセスは
有線が中心でしたが、現代ではワイヤレスのインターネット環境が整えられ、環境構築にコストや時間がかからなくなったことが大きな原因と見られています。
また、携帯電話の利用率はインターネットを上回る勢いで急激に増加しています。モバイルデバイスを利用した電子決済など新しいサービスが続々と生まれ、都市部ではライフスタイルが急に先進国化しています。国全体としては中所得国でありながら、高所得国の水準に近付いている都市圏もあります。

今後の経済成長見通し

東南アジア経済は拡大しており、IMFによれば、2021年の東南アジアの経済規模は日本の7割程度に及ぶとされています。購買力平価ベースではすでに日本を追い越しており、2021年には1.9倍になるとのことです。
しかし、タイ、マレーシアの成長率は他国に比べて低く、この2国の成長の鈍化は「中所得国の罠」と呼ばれています。産業構造を高度化させずにいることで、成長が鈍り、高所得国に移行できなくなる可能性があるのです。
東南アジア諸国ではこれを回避するための策を設けているところもありますが、今後の進展が注目されます。